ダイエットするときの注意点

食事を変えることでダイエットする場合、いつも疑問に思うことがあります。 それは、朝食は食べないほうがいいというものです。 朝の時間帯は、体の毒素を出す時間帯なので、朝食は食べないほうがいいというもの。 このように本に書かれているものを読むと納得してしまうものです。 それでは、痩せるために朝食は食べないと決めるのでした。

一方、朝はしっかり食べないといけないですよ。かつ夜は寝るだけなので、3食のうち一番量を少なくしたほうが痩せられる。と書かれている本もあります。 そして、どちらの本もお医者さんが書いているので、どっちを信じればいいのか迷ってしまうものです。 あと、これと同じもので、水はたくさん飲んだほうが健康のためによいというのと水は過剰にたくさん飲むはよくない。という説を唱えるお医者さんがいます。

このような相反する理論はいろりろあります。 結局、自分で試してみて、自分にあっている方法を探すしかないということだと思っています。 どちらが間違っているということを議論してもあまり意味がないと最近は感じています。 ダイエットをする私たちは、自分の体に素直に聞いてみるしかないようです。 夜食べないほうが体調がいいので、夜の食事を少なくしてダイエットが合っていると考えるようにしましょう。

迷ったらまずは試してみる。これが痩せるためには大切なステップだと思います。 あと、注意することとして、朝と夜を同時に食事制限すればいいのではないかと思われる人もいるでしょう。 朝と夜どちらかと考えずに、朝、夜ともに食事を制限すればより痩せられるのはないか? これは、健康を害することもあるのでやめておきましょう。 食事は健康な生活を送るための欠かせないものです。 食べないときは、必要な栄養素は他から補給することもしっかり考えながらダイエットすることが大切。

みんなのダイエット